行事予定(pdf) 寄宿舎  まちcomi  運動会  田布総祭  保護者アンケート  いじめ問題への取組  学校説明会・体験入学のご案内

高等部の入試情報

入試日程

■出願期間       平成30年2月1日(木)から2月14日(水)午前10時まで
■入学者選抜検査   平成30年3月2日(金)に本校で実施             
■合格発表       平成30年3月12日(月)午前10時に本校において合格者を発表
 ※入学説明会     平成30年3月23日(金)

教育相談日程

    平成29年
  ・ 4月18日 学校説明会案内送信(市町教委よりメール送信)
  ・ 6月26日 高等部学校説明会
  ・ 6月30日 体験入学・教育相談案内送信(市町教委よりメール送信)
  ・ 8月 1日 体験入学・教育相談申込締め切り
  ・ 9月 1日 体験授業参加グループ・教育相談日程、
          教育相談用調査票送信(本校より各中学校へ直接メール送信)
  ・ 9月20日 高等部体験入学
  ・ 9月22日~12月15日 教育相談(本学中学部を除く)
   ※産業科は~11月24日

  ◆入学を志願される方は、平成30年1月31日(水)までに、必ず教育相談を受けてください。
    連絡先:高等部相談支援課

よくある質問


  寄宿舎に関する情報はこちらでご覧ください 

  産業科に関する情報はこちらでご覧ください 

今まで入学説明会等で出た質問です

■ 通学バスの利用料金はいくらですか。
  就学奨励費の支給対象経費に該当しますので、奨励費を辞退されない限り支給されるため保護者の負担はありません。

■ 作業班は3年間同じ班ですか、それとも変わりますか。
  基本的には1年間同じ班で行います。 1年生については身体状況等により、屋内、屋外の作業内容を考慮して、所属する作業班を決めています。 2・3年生は本人および保護者の希望や本人の適性を考慮して決めています。

■ 最近の進路先の傾向はどうですか。
  どの福祉事業所でも障害者総合支援法により、入所施設利用者が減少し、通所施設利用者が増加している傾向があります。
  就職状況も厳しく、実際に就職を実現するためには、毎回の現場実習を真剣に取り組み、一人ひとりの生徒が持つ就労能力とそれを支える生活上での家庭のご支援が一層必要となっているのが実状です。

■ 卒業後の進路先へのケアをどの程度していますか。
  卒業生の状況を調べてみると、ずっと続けて就労している場合もありますが、やめてしまった人もいます。 離職の理由としては、本人に働く意志がなくなった場合や、対人関係が原因になることもあります。家庭での適切な声かけが非常に重要です。
  障害のある人の一般就労を支援する障害者就業・生活支援センター(蓮華・ワークス周南)があります。学校を通じて卒業後の登録を進めています。 再就職の支援等も職業安定所と連携し、行っています。 卒業後の支援も学校と連携して行っています。
  また、在学生の現場実習で卒業生に会う場合もあるので、そのような機会を利用して支援をしています。 夏休みに実施する事業所見学会でも、在学生・保護者とともに、就労先の事業所を訪問し、進路学習へ活用しています。合わせて卒業生の支援もしています。

■ 障害者制度に際して保護者としてはとりあえず、どのように対処すればよいでしょうか。
  障害者総合支援法での新サービスがすべての福祉事業所で始まっています。今後の利用については、各市町役場の福祉課で必要な情報を確認していただければと思います。
  学校からも各福祉事業所の動きや、福祉サービスについての情報をその都度提供していきたいと思います。

■ 県外へ就職を希望している場合、学校のほうで探してもらえますか。
  県外については、情報がほとんどないので難航することが予想されます。もし県外を希望する場合は「保護者が探し、実習→就職」という形になると思われます。まずは、気軽に進路支援課にご相談ください。 必要に応じて関係機関に相談します。

■ 職業訓練校には入れませんか。
  東部職業訓練校等、一般の職業訓練校への進学は難しい面があります。国立広島障害者職業能力開発校には、毎年のように進学しています。 過去には山口調理製菓専門学校に進学者がありました。